初手を指す

     

なぜ「すぐやります」は×で、「今やります」は◯か

 

こんにちは、奥村奈緒美です!

 

三浦孝偉さんの教えのひとつに最新の情報を入手するべきと言うものがあります。

なのでBECに入ってからは、意図的に色々な情報に触れるよう意識しています。

 

そんな中で先日、冒頭の記事を読みました。

 

この中で「『すぐやります』は一見、前向きな発言だけど、判断や行動を後回しにしている」という部分に、私も思い当たる節がある!とちょっと耳が痛くなりました。

 

自分の行動を振り返っても、「すぐにやる」とか、ただ「やる」って言ったときはその後、行動にうつすことはほとんどなかったように思います。

実際、見たいって思った映画でも「また今度」って思ってるいつの間にか上映期間が終わってるなんてことは一度や二度ではありません 笑

社交辞令の「また会おうね」も近いかもしれません。「また今度」はいつまで経ってもやって来ないみたいな。。。あれ、ちょっと違うかな?

 

 

でも、BECに入ってから「初手を指す」っていうのはすごく意識しています。

 

出品代行業者を利用し始める時も、情報発信を始めて今こうやってブログを書くことも、最初は色んな不安がありました。

 

代行業者を利用して、利用料以上の利益が出せるだろうか。

代行業者はきちんとAmazonの規約に則った出品をしてくれるだろうか。

情報発信ではきちんと記事が書けるだろうか。

情報発信を始めることで転売に影響しないだろうか。

、、、数えだしたらキリがありませんでした。

 

でもとりあえずやってみよう。それでうまくいかなかったら、その時また考えよう。

そう思って始めました。

 

そう思えるようになったのも、BECという環境で学んだことで、冒頭のような情報に触れてさら自分の活動に活かしていけるようになったおかげです。

数ヶ月前の私ではきっとできないことでした。

 

このような自分の成長を感じることができるのも他のコミュニティにはない、BECの大きな魅力ですね!

     
      «        »     
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*