Amazonの詐欺騒ぎに思う

     

こんにちは、奥村奈緒美です!

 

4月はAmazonの出品者に詐欺が横行していると騒ぎがありましたね。

 

商品届かない! アマゾンで「詐欺」横行、格安品に注意

 

このことがメディアで取り上げられ始めたのは4月下旬。

 

でも私はもっと前、たぶん4月上旬くらいから違和感を感じていたんです。

 

色々リサーチしてると、どの商品を見ても新規セラーが最安値で出品している。しかもプライム(Amazonの専用倉庫からの発送)ではなく、全部自己発送と言われるもの。

 

何か、おかしい。。。

 

そう思いつつも、「よくあること」と流してしまってました。

 

新規セラーは価格を間違えて設定してしまったり、資金繰りの関係で損切りしてでも安く売りたいなどといった理由で、低価格で出品することはよくあることでした。

そうなんです。深く考えてなかったんです。

 

4月に入ってから「仕入れがうまくいかないな」とか「売れ行きが悪いな」とか感じていながら

それがどうしてかという検証を全くしていませんでした。

 

私の中では新生活に向けた準備としての買い物は3月中に終えてしまって、4月は売上が下がる時期なのかもしれないと、何の根拠もないことすら考えていました。

 

言い訳でしかありません。

 

あれほど常々、三浦さんが目の前の現象にとらわれることなく思考を巡らすよう教えてくれていたというのに。

 

これは何かあると気づいたのはメディアが騒ぎ出すほんの少し前。

それから対策を講じましたが、4月の売上を持ち直すには遅すぎました。

 

こういうところでビジネススキルが必要となるのだと本当に痛感しました。

 

もちろんプラットフォームを利用してビジネスをしているからには、プラットフォームの規約や今回のようなトラブルの影響も受けるのはある程度は仕方ありませんが、

今回の詐欺騒ぎがあっても結果をだしている人はたくさんいます。

 

私とその人達との違いは何か。

 

もう一度、三浦さんの教えを復習しながら考えてみようと思います!

 

では、また!

 

 

     
      «        »     
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*