恐怖体験

     

こんには、奥村奈緒美です!

 

今日、子どもと一緒に大型ショッピングセンターに行ったんです。

その中にゲームセンターがあって、このゲームを娘がどうしてもやりたいというので一緒にやったんです。

↓そのゲームはこちら↓

私のFacebookです。

 

VR眼鏡をかけて恐ろしい世界から脱出するというゲームです。二人一組で協力しないといけないので、渋々娘につき合わされた感じです(乗り物酔いしやすいので3Dとか苦手。。)

でもVR眼鏡は本当にリアルでしたが思ったほど酔いはしませんでした。

 

それにしても、怖かったです(汗)

他の人がプレイしながら悲鳴を上げてるのを聞いて、「私は絶対叫ばないぞ!」って思ったのに始まって1分も経たないうちに悲鳴を上げてました(笑)

 

っで、今回はVR眼鏡のすごさやゲームの怖さを伝えたいわけではなくて、このゲームを娘がすごくやりたがった理由なんです。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////

まずゲームセンターの入り口にこのゲームの大きなポスターと券売機が並んでいます。

興味をそそられた私たちはゲーム機のある奥まで行きました。

するとプレイ中の「キャー!」という女性の悲鳴や「あ゛------!」という男性の叫び声が、それはそれはゲームセンター中に響き渡るくらいのボリュームで聞こえてきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

これは

・入口のポスターで気を引き

・奥まで誘導

・プレイ中の悲鳴で期待感マックス

という企業側の思惑通りの導線そのままに行動し、まんまと戦略にはまった娘はやりたくなるのは当然のことと言えます。

 

さらにすごいと思ったのは、このゲームの対象年齢は13歳以上。末っ子はプレイできません。

するとちゃんと代用ゲームがあるんです、目の前に!

こちらは3Dメガネを使用する、ちょっと簡易バージョンのホラーゲームです。

こちらも当然、企業の思惑通り末っ子はプレイしました(笑)

 

まあ、すべて企業の戦略通り購買意欲(プレイ意欲?)をかき立てられ、ゲームを楽しんだんですが

これってBECでビジネスについて学んでいなかったら、何も考えずにただやりたいからという理由だけでプレイしていたはずです。

でも今では、企業の戦略が理解できますし、こういったことを自分のビジネスに活かせないか考えるクセがつきました。

 

日常生活の中にも学びはあるものですね。

 

では、また!

 

     
      «        »     

ネットビジネスに副業で挑戦する主婦のメルマガ

【主婦✕仕事✕ネットビジネス】

3足のわらじでネットビジネスに挑戦している主婦のメルマガです。

『稼ぎ続ける力を身に付ける』を主なテーマに

日々の活動の様子をお届けします。


無料登録はこちら

     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*